Pocket

あなたは少ない荷物なのに、本当に大手引越センターの2t車に依頼しますか?
軽トラック業者で十分なのではないですか?
また、宅配便単身パックで十分なのではないですか?
このサイトは荷物が少ない引越しなのに、大手引越しセンターに見積もりを依頼して、
無駄な料金を支払っている方に、荷物の容積計算で業者を自動選定して、
あなたに一番あったミニ引越の業者と平均的な引越し料金を自動で見積もりできるサイトです。

きっと、何も知らずに大手引越センターに依頼していたことがばかばかしくなりますよ。

引越し料金の決め方

引越し料金は、荷物量、移動距離、作業環境で決まります。
自分の荷物の量が少ないのを分かっていても、グーグルやヤフーの上位に出ている
有名なところや、大手引越センターばかりに見積もりを取るので、
必要のない2トン車や1トン車をすすめられています。
むろん大きい車、作業員が多いほど料金は高くなります。
大手ほど、1人で作業できるのに安全のためと称して2人作業員を入れたり、
軽トラックや1トン車で積めるのに、2トン車やはたまた4トン車を入れたりして
かさあげ見積もり』をしています。
大手でない色々な種類の中小の他社の見積もりをとると、極端にぼったくり見積もりを
されていたのがわかりますよ。
そこで、このサイトは一括見積もりなどで無駄な大手の『かさあげ見積もり』をとるより、
下記の『簡単見積もりスタート』でシュミレーションするし荷物量と移動距離により、
あなたにぴったりのミニ引越の業者のタイプと平均的な業者別の引越し料金を提示します。

簡単!あなたにぴったりの引越し業者判定プログラム


このサイトの見積もりの生かし方

あなたにぴったりのミニ引越の業者は選べました。では、次に何をするか?
ぴったりの業者タイプが、例えば、軽トラックだと、検索サイトで、『軽トラック 引越業者 おすすめ
と検索して、一番格安で口コミ評判のよさそうなところを探しましょう。
この方法だと、すでに最適のタイプの業者の中から格安で評判の良い業者を選べるので、
名前だけで大手引越しセンターの2トン車に依頼して高い料金を払うことはなくなりますし、
とても荷物が少く、中距離だと、軽トラックや2トン車より安くなる宅配便の単身パックを
客観的な基準で選べますので、複数の会社に見積もりを取るより的確な業者を選定できます。
有名なところばかりに見積もりを取って無駄なお金を使わないよう、格安の引越し業者
を探しましょう。

引越しのおさらい

●引越しがおすすめの日
関東は大きな平地にできた街です。繁華街も多く、お祭りやイベントも多いです。
また、地方より交通量が多いので、5・10・15・20・25の五頭日は営業車両が多く
出るので自然と込んでいて週末と雨でも重なれば大変です。
渋滞で込んでしまえば引越しの予定は立たなくなります。
そこで、引越し日は10日~20日の日曜日か、10日~20日の平日の水曜がおすすめです。
イベントでもなければ大抵すいていますのでスムーズに引越し出来ます。

●引越し料金を安くする方法
引越し屋さんが忙しい日は高くなります。暇な日は安くなります。
そこで、2月・3月・4月の繁忙期をさけて、月初め、月末、週末もさけて
暇な10日~20日の平日の水曜日を狙いましょう
ひまなので値切ってもより安くしてくれる可能性が高いです。

●作業員にいい仕事をさせる方法
引越し屋さんも人です。大抵サラリーマンドライバーなので1日の手取り収入は
決まっています。
そこで、1000円でよいので引越し作業前にチップをあげておくと効果てきめんです。
いい仕事をしてくれたら後であげようでは意味がありません。
枯れた花に水をやるようなものです。
コーヒー1杯でも作業前にあげれば効果はあります。
どうせならちゃんと作業させたほうがトクですよ。